おいしいお米の秘密・品質管理

ご存知ですか、森がお米を育てることを・・・・・・・。

北信濃、野沢温泉村の東側に位置する毛無山は上ノ平を中心に日本有数の豪雪地帯です。一年を通じて流れる清流は、北側に流れては新潟県魚沼地区に、東側に流れては野沢温泉村を潤し、おいしいお米を育みながら信濃川となって日本海に流れ込んでいきます。

つやつやのもっちもち!!美味しいお米の秘密

一年を通じて流れる清流

野沢温泉村

日本のお米は「水田」で育ちます。
つまり稲作と水は切っても切れない関係なのです。
良い水のあるところにおいしいお米が出来るのは、今も昔も変わりません。

そして、その良質な水が、とぎれる事なく、常にふんだんにある事がとても大切。
という事は、お米作りにとって、どこから水が流れてくるのか、
そしてその水源となる山系の自然環境はどうなのかが大変に重要だという事です。野沢温泉村に流れる川の水源は、今をときめくお米の産地、新潟県魚沼地区と同じ山々にあり、おいしいお米の秘密は、この山々に隠されていると言ってよいでしょう。野沢温泉村はブナの原生林から湧き出たミネラルいっぱいの清流を米作りに活用しています。野沢のお米のもっちもちのおいしさは、豊かな自然の恩恵によって育まれたものです。
また、信州独特の昼と夜の大きな寒暖差のある気候は、お米を始めとした、りんごやぶどうなどの農作物をおいしくする重要な要素となっています。

美味しいお米(こしひかり)を作る優良地形条件

  1. 良質の水が水田にかかること・・・ 野沢の水は超軟水です
  2. 標高が200mから400m位まで・・・ こしひかりは標高が高すぎるとできが良くありません
  3. 土質が赤土または粘度であること・・・ 根がしっかり張るので秋落ちしない
  4. 西斜面であること・・・

徹底した品質管理で安全・安心のお米

信州の環境にやさしい農作物

徹底した品質管理で安全・安心のお米

野沢農産のお米は「長野県環境にやさしい農作物」として認定されたお米です。
環境にやさしい農作物の認定を受けるには、50%有機肥料を使用し、農薬を50%以上削減して栽培したお米であることが条件です。
商品には認定マークが貼ってあり、認証番号も書いてありますので、安心してお求めいただけます。

品質管理

品質管理

野沢農産のお米の品質管理は、食味計や穀粒判別器などの任質管理機器を駆使し、確かな目で一粒一粒を丁寧に検査します。また、組合長は農作物検査員「第一種出荷取扱業」の有資格者で、出荷前の大切な確認作業も万全です。野沢農産は、おいしくて安心してお召し上がりいただける品質のお米をお客様にお届けしています。

安全の証

放射性物質検査の実施

厚生労働省「緊急時にける食品の放射線測定マニュアル」及び文部科学省「Na(T1)シンチレーションスペクトロメーター機器分析法」の検査方法に基づき検査機関へ試験を依頼して、各物質とも「検出せず」の判定を頂いております。